DisMoiに関する

ご相談窓口

Inquiry form for products

Thank you for contacting us. We will respond to you within 2 businessdays.

Daiko logo.png
ホームページ
d-min.png
c-min.png
DisMoi-logo-solo.png

Tokyo

DisMoi-logo-solo.png
life.png
fb-min.png

© 2019 DisMoi Daiko International Co,. Ltd.

​DisMoi ディモアのストーリー

 Story of DisMoi

A passion for equal wellness

なぜ、病気やケガの治りの速度は人によって違うのか?

why are people healed themselves in each different pace ?

 元々ご自身もアスリートとして第一線で活躍されてきた川邊氏は、スポーツの現場でアスリートたちと触れ合ううちにケガの治りの遅い早いは何が影響しているのか?という疑問を持ち始めました。それが発端で、体内周波数の研究に乗り出すことになりました。その研究の結果、病気やケガの治る速度は、脳から身体の各所へ向けて発せられている体内周波数が、人によって違うという事実に帰結しました。それは、実際それぞれの人の生活環境や接したモノや環境、睡眠や食事まであらゆる要素がその個々人の差異を生み出しているのです。結果、体内周波数を製品に転化される国際特許としての「周波数加工Ⓡ」技術を確立され、その技術と共にご自身の経験に基づいてさまざまな医療、スポーツの分野で幅広く貢献されています。

​周波数加工の創立者 川邊 政実氏

Founder of the frequency processing​  

Mr. Masami Kawabe

心の込められたプロダクト DisMoi

A heart-oriented product, DisMoi

 周波数を前にすると、人の身体は隠し事が全身に伝わってしまうと、川邊氏は言われています。

 そのため、直接診られている選手たちや患者さんには「身体には隠し事をしないでください」と伝えられているそうです。今でも続けられている世界レベルでのスポーツ選手たちとの交流とメディカル面でのサポートは、まさにこのDisMoiの特殊技術を軸に展開されています。2000年のシドニーオリンピックを皮切りに継続的にオリンピックを始めとした国際スポーツの祭典で一級アスリート選手たちに使用されています。現在もオリンピック公式メディカル強化チームとしてスタッフが選手たちのスケジュールに帯同するなど、各方面にて活躍中です。その川邊氏は、ご自身のミッションとして「心を込めた周波数加工を」と常に語られています。実に身体をいたわる気持ちがあってこその言葉です。それは恐らく人々の身体への電気的なものとして伝えられる影響として、周波数を扱うことがいかにデリケートで大切な工程であることを物語っているのです。そう、DisMoiはマイスターによる心の込められた周波数を帯びる、希少なプロダクトなのです。

比類なき次世代ウェルネスのアート

Peerless arts for future wellness

さて、この「周波数加工Ⓡ」技術は川邊氏が株式会社大幸インターナショナルの技術と出会ったことから、さらなる転機を迎えます。マテラやブラックシリカといった元来それ自体が遠赤外線や代謝を促す効能を持つ天然石をモダンでセンシティブなデザインに落とし込み、それに対し特殊周波数加工を施すことに成功しました。こういった原石は絶対数が少ないため採取自体が制限されていたり、あっても純度が低かったり、なおかつそれ自体の加工がかなり難しいということで、存在はたとえ貴重であっても業界としては敬遠されてきました。しかし、現在のDisMoi加工工場では世界初、熟練職人達の手作業によりようやくそれらの原材料に対して、約半分の確率で持続生産することが可能になりました。ここまでの第一級技術へのこだわりが結晶化されることは、現在の医療や健康分野の在り方への疑問、「老若男女問わずより多くの人に、より簡単でパーソナルなセルフケアの形を」といったメッセージ、そして何よりも自然体でのウェルネスへの愛情がDisMoiに注がれている証なのです。